【読書感想文】103歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

100歳を超えてなお、現役の美術家である篠田桃紅の著書。

100歳ともなれば周りに同世代の友人がもういない。とんがって一人で生きていた孤高の人。
そんな方が教えてくれる 人生の生き方、楽しみ方。
きっと100歳の経験値はすごい!と思って読んでみた。

一番印象に残ったことは、「いい加減は素晴らしい」
そしていつからでもスタートして好きなことをしたらいい
人と違うことをすべし。

下記に自分なりに心に残ったポイントをメモ。
やっぱり100歳の経験値は深い。

本を読むことは いろんな人の経験値を吸収できるところが一番面白い。

ーーーーーーーーーーーーー

103歳になってわかったこと

人生はひとりでも面白い

第一章103歳になってわかったこと

いい加減はすばらしい

あなたの人生を枠におさめない

第2章何歳からでも始められる

頼らずに自分の目でみる

いつでも面白がる

何かに夢中になる

やっておきたいとおもうことはどんどんやる

誰もいないときにやったことが大事

真実は見えたり聞こえたりするものではなく、感じる心にある

第3章自分の心のままに生きる

他と違うことを楽しむーーー相手に従うのではなく、お互いに違うことを面白がる

平和な心を育てる どの国の人にも美しいと感じるものが増えれば増えるほど、共通の心が広がる。

外国との付き合いによって気づかされる

人との競争で生き抜くのではなく、人を愛するから生きる

全人類が価値を認めて愛するもの それは 母


<table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0"><tr><td><div style="border:1px solid #0830ee;background-color:#FFFFFF;width:310px;margin:0px;padding-top:6px;text-align:center;overflow:auto;"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/065a854f.0fe3ed7e.065a8550.2f545823/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13196044%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F17401741%2F&scid=af_item_tbl&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIzMDB4MzAwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoiZG93biIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MSwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjF9" target="_blank" style="word-wrap:break-word;" ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/065a854f.0fe3ed7e.065a8550.2f545823/?me_id=1213310&item_id=17401741&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F7534%2F9784344027534.jpg%3F_ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fbook%2Fcabinet%2F7534%2F9784344027534.jpg%3F_ex%3D300x300&s=300x300&t=picttext" border="0" style="margin:2px" alt="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]" title="[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]"></a><p style="font-size:12px;line-height:1.4em;text-align:left;margin:0px;padding:2px 6px;word-wrap:break-word"><a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/065a854f.0fe3ed7e.065a8550.2f545823/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F13196044%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F17401741%2F&scid=af_item_tbl&link_type=picttext&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJwaWN0dGV4dCIsInNpemUiOiIzMDB4MzAwIiwibmFtIjoxLCJuYW1wIjoiZG93biIsImNvbSI6MSwiY29tcCI6ImRvd24iLCJwcmljZSI6MSwiYm9yIjoxLCJjb2wiOjF9" target="_blank" style="word-wrap:break-word;" >一〇三歳になってわかったこと [ 篠田桃紅 ]</a><br><span >価格:1080円(税込、送料無料)</span> <span style="color:#BBB">(2017/2/15時点)</span></p></div><br><p style="color:#000000;font-size:12px;line-height:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word"></p></td></tr></table>

[PR]
# by kobesecretary | 2017-02-15 14:44 | 最近読んだ本

カメラのグリップのべたつきが重曹で取れた!

しばらく使っていなかったNikonの一眼レフD90を出してきて
久しぶりに手にすると、グリップの部分がべたべたする。

ボールペンでも古くなるとグリップの部分がべたべたしてくるが
あんなかんじ。

どうしよう~~~いろいろ調べてみると、取れないという意見や
アルコールや除光液で拭いたら良いとかいろいろでてきたが
一気に解決する方法を見つけた!

少し湿らせた布に重曹をつけて、そのまま拭くだけ。
重曹の粉がカメラの中に入らないよう、からぶきもしっかりしたほうが良い。

出来上がりは、嘘みたいにきれいになった!
これボールペンのグリップ部分のべたべたにも使える!

おおおおお~~~~さすが重曹♪ 昔使ってたカメラ復活!

[PR]
# by kobesecretary | 2016-11-21 21:41 | 裏ワザ・お役立ち情報

読書の時間「変わる」by 矢作 直樹 氏


この3月まで、東大医学部付属病院の集中治療部部長だった矢作直樹氏の著書。
彼の著書は、生死のはざまを医者という立場で仕事に向き合ってこられたうえで
感じてこられた心のありようを書いておられ、非常に興味深い。

この本「変わる」には「心を整え、人生を楽にする73のコツ」という副題が
ついている。

自分の人生を変えるのは 「変わる」力であり、現状をほんの少し変えるだけで
未来が変わり、残りの人生ががらりと変わる、そのための方法を紹介しており
心に残った点を下記に記しておく。

①視点を変えて新しい世界をひらく。
眼の前のことに追われずに、現状を上のほうから広い視野で眺めること。鷹の目で
上から見えると、悩んでいたことがちっぽけで、どんな人にもお役目があることが
わかる。そこから学ぶことがある。
そして仕事をするためだけに生まれてきたわけではないので、自分の好きなことに
没頭する時間を持つこと。旅に出ること。ーーこれは私のモットーかもーーー
健康の秘訣は無理しないこと。

②頭を整理すると、より良いものだけ見えてくる
・選択に迷ったときは3つの問いで本音を引き出す。
「なぜそれをしたいのか」「いつまでにやるのか」「するには何が必要か?」
・情報過多の時代には、安易に信じない。こだわらないことが大切。
 心が揺れるとき「信じることで自分が気持いいのか?」自分の本心を
 知るよい方法。そこに愛があるか、合理性があるかといった視点で自分の正解を
 探して常にゆったりかまえておくこと。これで心の平静は保てる。

③思い込みを捨てると学びが増える
他人からの評判や評価なんか気にせず、お天道様に恥じないよう生きればよい。
選ばれないのはご縁とお役目が違うから。
スルーすることが最強のストレス回避策。

④人と自然の理を知って、楽に生きる
・持ち物を減らすと心の荷物が激減。
・自然を感じると大らかな視点を取り戻せる。
・相手の「ため」ではなく「立場」で考える。
・自分のお役目を果たすためには、流されず自分の心に従っていきること。

⑤今この瞬間を丁寧に生きる
・判断に迷ったら「これでいい」と自分を信じる力と勇気を持つこと。
・あるがまま自然体で生きていれば出会うべき人とは出会う。
・改善するには、焦らず腐らず待つこと。
・やるべきことは今やっておく。

当たり前のようで、なかなかできていない。思わずハッとするヒントが
この本の中にある。心が軽くなる優しい本だ。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

変わる [ 矢作直樹 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2016/9/20時点)



[PR]
# by kobesecretary | 2016-09-20 10:56 | 最近読んだ本

読書の時間「ACTION READING」by 赤羽雄二 氏

ACTION READING とは 読んだことを仕事や生活など
自分を活かすことに取り入れること。要はアウトプットすることが大切。

情報をとってすぐ動くことが急務という元マッキンゼー勤務の著者は
ワーカホリック笑

でもこの書籍の凄いところは、呼んで学んだことをチャレンジシートに買い込んで
アウトプットするようにしているところ。
www.sbrc/tokuten/dokusho からフォーマットをダウンロードできます。

またやる気を継続できるよう、SNSで仲間を募って読書できるような仕組みになっているのも
素晴らしい点。

書籍とネットをうまく融合している点が素晴らしい。
学ぶ価値大いにあり。おすすめ書籍です。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

アクション リーディング [ 赤羽雄二 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/9/20時点)



[PR]
# by kobesecretary | 2016-09-14 11:49 | 最近読んだ本

読書の時間「禅が教えてくれる美しい時間を作る所作の知恵」


禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の知恵
by 枡野 俊明 氏

所作とは立ち居振る舞いのこと。
心と所作は一体。

美しい人生は美しい時間のつらなりであり美しい所作から生まれる。

美しい所作を身に着けて知恵のある美しい時間をすごすために

①ひとつひとつの言動を丁寧に感謝して暮らすこと

言葉使いを美しい日本語に切りかえ、今ある仕事や食べ物にも感謝し、
ものごとを丁寧にあつかうこと。

丁寧に扱うには一流のよいものを使うようにすれば丁寧に扱う

②呼吸を整え 間をおき、ゆっくり動く。しゃべりすぎない。

③時間を大切にするための所作: 複数のことの「ながら」が時間を無駄にする

④気持を切り替えるための所作: 心がとらわれたら、まず動く

⑤欲を律するための所作: 一呼吸の数秒間、「本当に必要?」と自分に問う

⑥掃除=心の塵を払うこと
汚れたところを掃除したり、整理整頓するだけでなく、美しく見えるものも
さらに磨く。

磨くとは、心を磨く所作。


美しく生きるには、一瞬一瞬を、その時間をいかに美しくするかに思いをはせる
必要があるそうです。一瞬をおろそかにせず、美しく過ごし、そしてその美しい時間を
重ねていくことに尽きる・・・・


うーん、深い!日ごろの忙しさに追われずに、もっと丁寧に
美しい時間を重ねていきたいと心から思った。
いや思うだけじゃない、できるところから心がけて一つひとつ実践していこう。



[PR]
# by kobesecretary | 2016-09-14 11:31 | 最近読んだ本

神戸発信情報


by kobesecretary
プロフィールを見る
画像一覧